ミア プレフェリータ

飾り皿・カップ&ディッシュ・小物・置物・ヴェネチアンガラス・革製品等のイタリア陶器と雑貨のお店 ミア プレフェリータ

イベント・祭事のお知らせ

 

商品カテゴリ

コンテンツ

店長日記

店長日記


こんにちは!店長の藤倉です。

Napoli(ナポリ)から南へ50km、ティレニア海(地中海)に延びる世界で最も美しい海岸線のひとつCostiera Amalfitana(アマルフィ海岸)。
この海岸を見下ろす、15世紀から続く小さな陶器の町Vietri sul Mare(ヴィエトリ・スル・マーレ)。この町で出合った一点一点すべてハンドメイドの可愛い陶器をご紹介しています。

店長日記はこちら

メール会員登録

 

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park
 


 

雑貨は雑貨C

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

広島 イタリア展 素敵な出会い

Ciao!
 
いつもは通える範囲内のイべント催事にしか参加していなかったのですが、
今回初めて「出張」に挑戦!
昨日広島入りして、まずは広島の教会を訪ねてました。
なかなか立派な教会でした
静かな広い聖堂の中でたった一人で居ることの心地よさ。
 
心の洗濯をして、いざ、そごう広島店の「イタリア展」の搬入作業へ!
いつも搬入出を手伝ってもらっている友達も今回はPASSのため、
一人で箱開けて、プチプチ解いて、商品のディスプレイして・・・
思っていたより時間がかかって凹んでしまいました
友人にものすごく頼っていた自分を再認識
 
なんとか形にして帰路に着きました。
この日は大学時代の友人宅に泊めていただきました。
彼女の手料理を戴き、取り留めのない話をしつつ、
彼女のご主人様(実は初めてお目にかかりました。)と
少し焼酎を飲み交わし、楽しい時間を過ごさせていただきました。
 
さてさて、本日ドキドキの初日。
お客様来てくださらなかったらどうしよう・・・
心配で心配で・・・
と・こ・ろ・が、素敵な出会いがありました
 
去年だったかおととしだったか、取引をしている工房から
どうにも理解できないメールが来ていたのです。
  日本から花嫁が来た、
とか何とか・・・
そのメールの「花嫁」と書いてあった方が偶然来店されたのです!
なんかスマホをいじりながら見てはるな・・・と思っていたら、
工房のFACEBOOKを見せてくれて、
「ここのですよね?私、ここに行ってきたんです。」
「えー!!じゃあ、あなたのことだったんだ。」
彼女にメールの話をして、ひとしきり二人で盛り上がっていました。
 
ほんとに偶然なんでしょうか???
彼女はイタリアの工房の商品が日本で手に入れることができるという事を
ご存知ではありませんでした。
私自身、訳の分らないメールが、
  「日本の女の子が工房に来たよ」
という事とも思わず、ましてや広島在住の方とは露とも思いませんでした。
やっぱり偶然なんでしょうか???
私にはそうとは思えないのです。
イタリア、工房との縁。
広島のお仕事をくださったエージェントさんとの縁。
そして、「貴女が訪れた工房の商品があるよ」
「ここに工房を訪ねた彼女が居てるよ」
と神様が引き合わせてくださったと感じるのです。
 
他にもイタリア好きの方々との楽しい出会いがたくさんありました。
とても幸せな一日を過ごすことができました。
私の学生時代の友人がブログを書いてくれました。
そちらもどうぞ読んでみてくださいませ。
     http://penguinkitchen.blog54. fc2.com


 

2014-03-24 00:08:32

コメント(0)

vol. 34 Buon Natale!

Ciao!
次回はアマルフィ紙博物館の話を…と言ってましたが…

Buon Natale!
そう、今日はクリスマス・イブです!
サレルノの街では、私が訪れた11月11日にはすでにイルミネーションで飾られていました。
    ←サレルノの街 

  ←ドゥオーモの周りも
  ←教会に上がる階段横には…
  


自転車で10分位の所にあるカトリック教会の<主の降誕(夜半のミサ)>に行ってきました。
聖堂の明かりがおとされ、
子供たちが扮した大天使ガブリエルに続きマリア様に抱かれた御子イエス様が聖堂に入ってこられ、
祭壇前の飼い葉おけの中に安置されました。
ろうそくに明かりを灯し、ミサが始まりました。
初めてクリスマス・イブのミサを体験したのですが、子供たちの行列が横を通り過ぎたとき涙が溢れてしまいました。
キリスト教にとって特別な意味を持つ大切な日。
今まで過ごしてきたクリスマスってなんだったんだろう 本来の意味を知ることも大事…
と考えさせられるひとときでもありました。  

  ↑
祭壇前の聖家族


イタリアの人たちはこのようなクリスマスを過ごしているのかと、ここ大阪から思いを馳せています。 

2013-12-24 23:24:40

コメント(0)

vol. 33 *アマルフィにて*

Ciao!
数日前から寒さが増してきましたが、体調など崩されていらっしゃいませんか?

イタリア買付の旅では南イタリアは欠かすことが出来ません。
もちろん今回もサレルノを基点に、ヴィエトリ、アマルフィへと行って来ました。
日程も余裕がないので、アマルフィに行ってからヴィエトリへ、サレルノに戻り、
翌日再びヴィエトリへ。
まずはアマルフィでの出会いを・・・

バスターミナルを降りて、一番に帰りのバスの時間をチェック。(なんせ時間に限りがあるので)
メンテナンス中のマリーナ門をくぐり、ドゥオーモをしばし眺め・・・
お目当てのお店を目指していざ!
ところが・・・お目当てのお店は今年も在ったけど、欲しかった商品が置いてない 
去年もオルヴィエートで同じことがありましたが、あ~ぁ、しゃぁないなぁ 
すごすご戻ったところで出会ってしまったのです

お店の間口は狭く、隣のお店(ココもアマルフィ紙のお店)の入り口が隣接。
どちらのお店に入っても良かったのですが、マダムの雰囲気に引かれ<Imma Nunzinato>へ。
彼女はご自身のお父さんが手漉きされたアマルフィ紙を扱っています。
ファミリーの写真がお店に飾られましたが、本当に素敵な家族で、商品の確かさも伝わってきました。

今回は2L判の大きさのカードを持って帰ってきました。
<雑貨>から<ヨーロッパ最古で最も名高いアマルフィ紙のカード>からご覧ください。

次回はアマルフィにある紙の博物館のご紹介をいたしますね。

2013-12-16 13:35:17

コメント(0)

Vol. 32 トラブル…


Ciao!
バタバタしているうちに、もう12月も四分の一が過ぎてしまいました
なかなか旅の報告も出来ず、気が焦るばかりです。

今回の旅では、イタリアらしいトラブルにみまわれました。
順調に日程をこなし、新しい工房も見つかり、機嫌よくローマへ移動中のこと。
ナポリを出て30分くらいしたところで列車が停まりました。
すぐ動くとぼ~っとしていたら、いつまで経っても動きません。
停まって1時間くらい経った頃にアナウンスがありました。
が…悲しいかなイタリア語オンリー。
同じブースに座っていた学生さんらしき女の子が英語で説明してくれました。
どうやら電気系統に問題があり停車中、とのこと。
鉄道の社員さんに詰め寄る人もいましたが…
ほとんどの人たちはホームに出て、あーだこーだ言っているようでした。
席から外を撮ったら、たちまち反応!
  

  

日本でこんなときは代替輸送されます、と彼女たちに話すと
「イタリアではありえない!」
よくよく考えたら日本のように複数の電鉄ラインがあるわけでもなく、バスも同様。
つくづく日本は正確便利すぎるんだなぁ…と思いました。

2時間半ほど停まっていたでしょうか。
無事レストランが開いている時間にローマに着いてホッとしました。
翌朝、ホテルの朝食の隣の席の日本人母娘と少し会話をしたのですが(もちろん知らない方です)、
どうやら「スト」があったとか…

こんな事もあるよね~っという経験でした。  

2013-12-08 23:03:25

コメント(0)

Vol. 32 イタリアで *フィレンツェにて*

Ciao!
イタリアから戻ってきたら、紅葉がすすみすっかり秋になっていました。
この1週間バタバタしているうちに、落ち葉の絨毯を踏みしめる季節へと移り変わってしまいました…

さてさて、今回のイタリア買付の旅はヴェネチアに始まり、フィレンツェ、サレルノ、アマルフィ、ローマへと行って来ました。
とにかく歩いて歩いて気に入った工房を探す…という旅。
今回は半分は雨でお天気に恵まれなかったので、寒くて…こたえました
But!!
それぞれの街で素晴らしい出会いがあり、とても実のある旅だったと思っています
日程は前後しますが、少しずつご紹介させていただきます。

ヴェネチアから始まりましたが、まずは「花の都」フィレンツェ。
素朴な印象を受けた、とても美しいこじんまりとした街。
でも、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂を目にしたときは、鳥肌がたちました!!

        
          ポンテ・ヴェッキオ                  ↑ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

白、緑、ピンクの色に大理石で装飾された限りなくイタリア的なとても美しい外観に反し、
思いのほかあっさりとした内部に感じましたが、落ち着いて静かに祈りを捧げるに素晴らしい所でした。

  街歩きをしていて見つけた、中世の都の名残り。馬を繋いでいたのですね。

肝心の仕事ですが…お目当てに行った陶器のお店が見つからず、暗くなってきてどこを歩いているか分らなくなるし、
寒いし歩き疲れて、「もういいや」ってあきらめて食事に入ったお店の近くで偶然見つけました!
カラフルな色とあまりにも可愛いミニチュアの靴にテンション急上昇
翌日一番に訪ねました。
とても良い出会いが出来たと思っています。
    
         革製品 小さいけどしっかりハンドメイド シューズタイプの<キーホルダ> よりご覧ください!!  

2013-11-26 14:06:56

コメント(0)

Vol. 31 買い付けに行ってきます!!

Ciao!

いよいよ今夜出発です!!
あんなのあるかなぁ、こんなの探してこよう、ってワクワクしています。
11月16日に帰国です。
皆様にご報告できるが楽しみです!


※商品確認、発送等の業務は18日に再開いたします。
 皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご了承くださいませ。

2013-11-08 08:00:00

コメント(0)

Vol. 30 ありがとうございました!

Ciao!

お蔭様で無事にJR大阪伊勢丹の<イタリアフェア>が終了いたしました。
ご来店いただいた方、また、気に入ってご購入いただいたお客様に
心からお礼申し上げます。

とても素敵な<出会い>がありましたし、イタリア仲間(?)に久しぶりに偶然に会えましたし、
何よりイタリアのいろいろなものに囲まれ、楽しく幸せな時間を過ごすことが出来ました。

もうすぐイタリアへ買い付けのため行ってきます。
イタリアで新しい出会いが待っていると思うと、今からワクワクです!

2013-11-04 21:57:05

コメント(0)   |  トラックバック (0)

Vol. 29 最終日です!

Ciao!

とうとう最終日となりました。
本日18時までの開催ですので、<まだ>の方はぜひお越しくださいませ。
イタリアワインやピッツァ、ジェラードなども待ってます!
お皿たちも待っていますので、この子たちに会いに来てくださいね!


※ イタリアンフェア のご案内 ※
10月30日(水)~11月4日(月)
於 JR大阪伊勢丹 10F催し場
最終日は18時閉場
おなじみのパスタ皿はもちろん、X'masにお使いいただけるものや
ナポリの伝統陶磁器・カポディモンテなどをご用意しております。
たくさんの方と出逢えますように…

2013-11-04 01:00:12

コメント(0)   |  トラックバック (0)

Vol. 28 こんな感じでやってます

Ciao!

JR大阪伊勢丹のイタリアンフェアも半分が過ぎてしまいました。
こんな感じで陳列しています。




手に取ってイタリア職人さんのハンドメイドのぬくもりを実際に感じていただける良い機会ですので、
お近くにお住まいの方は是非一度お越しくださいませ!
心よりお待ちしております!


※ イタリアンフェア のご案内 ※
10月30日(水)~11月4日(月)
於 JR大阪伊勢丹 10F催し場
最終日は18時閉場
おなじみのパスタ皿はもちろん、X'masにお使いいただけるものや
ナポリの伝統陶磁器・カポディモンテなどをご用意しております。
たくさんの方と出逢えますように…

2013-11-02 00:50:39

コメント(0)   |  トラックバック (0)

Vol. 27 準備OK! お待ちしてます!

Ciao!

無事搬入終了!!
いつもより時間があると油断してしまいました… 
でも楽しく作業を終え、
明日からたくさんの人たちにウチの子達をお披露目できるかと思うとワクワクしています 


 いつもこんな感じで作業しています。
イタリアの職人さんたちの陶器に囲まれて、元気がもらえて幸せです 

※ イタリアンフェア のご案内 ※
10月30日(水)~11月4日(月)
於 JR大阪伊勢丹 10F催し場
最終日は18時閉場
おなじみのパスタ皿はもちろん、X'masにお使いいただけるものや
ナポリの伝統陶磁器・カポディモンテなどをご用意しております。
たくさんの方と出逢えますように…

2013-10-29 21:29:37

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4